毛穴ケアにはスキンケアが必須ですが、毛穴に良い食べ物もたくさんあります。
食事で改善できるとなると、比較的楽に続けることが出来ますよね。
それではどのようなものが毛穴に良いのか、紹介していきましょう。

毛穴に良い食べ物

脂質の代謝に関与し、皮膚や粘膜を正常に維持する働きをもっているビタミンB2は、卵黄、海藻、レバー、アーモンドなど多く含まれています。
毛穴に溜まる皮脂自体を抑制する効果がある、ビタミンB6は、豆腐、レバー、サツマイモ、いわし、全卵に多く含まれています。

また、紫外線による毛穴の角栓の酸化を防ぎ、コラーゲンの生成を促すことで肌のハリを出すビタミンCは、イチゴやブロッコリー、小松菜、ほうれん草などに多く含まれています。
特に、コラーゲンの生成には、鉄分を多く含む納豆や、ひじき、アサリなどと一緒に摂取するとより効果的です。

これらのビタミンを含む食材をバランスよく摂取することにより、皮脂の分泌を抑え、肌の弾力により毛穴が目立たなくなります。
肌の正常なターンオーバーを促し、美肌に繋がりますね。

過剰摂取には気をつけて

ただし、過剰摂取に注意しましょう。
特にレバーなど脂質の多い動物性食品の過剰摂取は、コレステロールを増加させる飽和脂肪酸が多く含まれています。それに加えて男性ホルモンの原材料でもあります。
動物性脂質を多く含む食品を摂取しすぎる事で食品中に含まれている男性ホルモンが皮脂分泌力を活発化させてしまい、毛穴の詰まりを引き起こしひいては角栓やポツポツ毛穴を助長させてしまします。
せっかく体の中から毛穴の状態を改善させようと頑張っているつもりが、かえって逆効果になってしまいます。

過剰な摂取はせず、バランスよく食べることと、どちらかというと動物性食品はほどほどにし、野菜や海藻、フルーツ類でビタミンを効率よく摂取するよう心がけましょう。

アルコールも控えましょう

また、アルコールの過剰摂取も控えましょう。
適度はお酒は血行をよくしますが、過剰に摂取しすぎると、血中の中性脂肪が増加し皮脂分泌を促進させてしまいます。
またアルコールは、ビタミンB2の吸収を阻害する作用もあるので、ニキビなどのトラブルが発生してしまいますので気をつけましょう。